受託研究員



制度の趣旨及び概要

 民間企業等の現職技術者や研究者を弘前大学に受け入れ,大学院レベルの研究の機会を与え,その能力の一層の向上を図ることを目的とした制度です。

制度の趣旨及び概要

  1. 資格は,民間企業等の現職の技術者等で,大学を卒業した者又は本学がこれと同等以上の学力があると認めた者です。
  2. 研究期間は,原則として1年以内(同一会計年度)です。ただし,研究の継続の必要がある場合は,翌年度に限り,研究期間を更新することができます。



特許の取扱い

特許の取扱い

弘前大学社会連携課産学連携担当